動物にとって一番良い治療法を考える「オンリーワン診療」を目指し、飼い主様にはご納得いただける説明を心がけます。

  

◆2016年4月

軽井沢にも春が訪れました。 桜も 水仙も きれいに咲いています。






<フクロウの福ちゃん 成長日記>

◆2015年1月10日

軽井沢の住宅の納屋で3日間何も食べず、うずくまっているところを保護されて きた “ふくろう” です。

栄養剤の強制給餌から始まり、やっと鶏肉を食べられるようになりました。

春になったら放鳥することを目指してリハビリ中です。

◆2月2日

フクロウの「福ちゃん」はリハビリ順調、部屋の中を少し飛べるようになり ました。
飛んだ後の得意げな表情がなんとも可愛く、みんなのアイドルです!

◆2月13日

福ちゃんは、ますます可愛くなってきました。
高いところから飛ぶように促すと、きれいな飛行を見せてくれます。 飛んだ後、皆が褒めるとドヤ顔で自慢げにみんなを見渡したり、食後は眼を細めたり と表情豊かです。
5月の自然復帰に向けて、頑張っています!

◆10月28日

福ちゃんは自分で捕食することができません。
そのため、スタッフが自宅の部屋をふくろう部屋に改装し、飼育することになりました。
現在も元気で暮らしています。



◆2014年11月


ゴールデンドゥードルのゴディちゃんです。

ホテル利用中に受付のお手伝いを
してくれました。


◆2014年10月

いきなり病院に人面カメムシ飛来!

まるで笑ったお団子頭のオカミサンが背中に
見えます!!

・・・調べてみると「アカスジキンカ メムシ」の
5齢幼虫とのことです。

写真を撮って、野原に放しました。


  台風が去ったあと、こんなに綺麗な虹が現れました!!!

  

  

  病院の前で記念撮影! アジサイ科のノリウツギが綺麗なピンクに色づきました。

  

  

◆2014年7月

  病院の裏の原っぱにキジの親子がやって来ました。

  


◆2012年8月
 
  グリーンエバー動物病院のスタッフもこんなに増えました。 よろしくお願いします。

     

    ・佐々木先生(左端)が2012年8月20日で退職されました。
      「これからも病院に寄ることがあると思いますので、その際はお気軽にお声かけください。」
    ・農大4年生の森泉さん(左から4人目)が、夏休みの間お手伝いに来てくれています。

    

     
     赤いゴーグルでポーズをとっているのは宮嶋アリーちゃんです。
     アリーちゃんはこのクラッシックカーでお父さんと軽井沢銀座をドライブするのが大好き!
     キマッてますよ!
 

◆2011年8月

  


◆2011年6月

 以前同じ病院に勤務していた獣医さんと看護士さんが
 遊びに来てくれました。

 


◆2010年12月

 クリスマスには、こんな飾り付けで
 皆様をお迎えしました。



 ※クリスマスコーディネイト: ガーデニング&ファニチャーズの長谷川ご夫妻


◆2010年4月

朝、雪かきのついでに、
はりねずみだるま(?)を作って
遊びました。
  <特 集>

2016年クリスマス


病院 日常の風景


2015年 秋景色


2014年クリスマス


2014年 秋景色


2014年 春景色


2013年 クリスマス


2013年 浅間山


2011年 クリスマス


2010年 秋の雲場池


2009年 クリスマス

 



グリーンエバー動物病院

〒389-0115 長野県北佐久郡軽井沢町追分1354−2
TEL: 0267−31−5236

Copyright (C) 2009 Greenever Animal Hospital. All Rights Reserved.