動物にとって一番良い治療法を考える「オンリーワン診療」を目指し、飼い主様にはご納得いただける説明を心がけます。

  
〜 感謝の気持ちを込めてご紹介します 〜

グリーンエバー動物病院の周りには素敵な方がたくさんいらっしゃいます。
その方々の作品、カルチャー、お店や庭園など、ここにご紹介することで、“素敵な気持ち” を皆様と共有できれば嬉しく思います。

★「森を守る」C.W.ニコル・アファンの森財団
  長野県信濃町に、C.W.ニコル氏が30年かけて再生させた「アファンの森」があります。

荒廃した森を買い取り、一本一本の木に日光があたり養分が吸収できるよう混んだ木々を伐採し、地を覆う藪を払い風通し良く地面まで日光が届くよう整備しました。

伐採したチップを道に敷くことで歩きやすくなり、いづれ腐葉土として大地の養分となり森に還元します。見事なまでに計算された知識のもと、人の手を入れることでバランスのとれた、明るい温かな森になっていました。

自然保護のモデルとして以前から興味をもち、近くに行った際見学させていただき、会員になりました。

病院の受付にパンフレット(写真)があるので、興味のある方はお持ちください。



★佐和貫利郎さんと宇宙の絵
  世界的に活躍している宇宙アート画家・佐和貫利郎さんがグリーンエバー動物病院のために絵を描いてくださいました。

佐和貫利郎さんの癒しの絵をご紹介します。


★ガーデン&ファニチャーズ「癒しの庭」
  病院の内装とガーデニングで日頃よりお世話になっている「ガーデン&ファニチャーズ」のアトリエ&ガーデンを訪ねました。

庭はまるで自然の野山のように、多種多様な植物でいっぱい。素敵な癒しの庭をご紹介します。



★軽井沢べセアの森 (軽井沢BESEAの植樹活動)
  軽井沢の美しい緑を守り育てるため、「軽井沢BESEA」では木のオーナーを募集し、会員自らの手で植樹活動をしています。

「自然と動物と人との共生」を目指す当病院も、そんな趣旨に共感し、木のオーナーになりました。


★ウサギの絵 (画家・土田穣さんの作品)
  病院の患者さん「猫のムーニーちゃん」の飼い主である画家の土田穣(ゆたか)さんとその繊細で優しい作品をご紹介します。

診察室に飾ってある「ウサギの絵」が病院にやって来たエピソード、土田さんの作品展のご案内など・・・。


★フェルト・マスコット & ボタニカルアート (阿部さんご夫妻の作品)
  病院のマスコットである「ハリネズミ」のフェルト人形が完成しました!

このフェルト・マスコットを作ってくださった阿部信一郎さんと、奥様でボタニカルアート作家の記子(ふさこ)さんの作品をご紹介します。

★はじめよう軽井沢でピラティス  (体幹トレーニング)
  ピラティスは、胸式呼吸によるストレッチを中心とした動きで体の奥の筋肉を鍛える運動です。健康のため病院スタッフも続けています。

ピラティスとトリートメントのサロン「shinkokyu」 がオープンしました。これを機に始めてみませんか。
★「犬と暮らす」  (小説家・唯川恵さんのコラム)
  小説家の唯川恵さんは信濃毎日新聞に「犬と暮らす」というコラムを連載されています。

グリーンエバー動物病院開院後最初の手術が唯川さんの愛犬ルイちゃんでした。唯川さんはその時の事を「獣医との相性」というタイトルで書いていらっしゃいます。




 アファンの森財団

 佐和貫さんと宇宙画

 ガーデン&ファニチャーズ
 癒しの庭

 ベセアの森

 土田穣さんとウサギの絵

 フェルト・マスコット &
 ボタニカルアート

 ピラティス(カタログ)

 犬と暮らす
 



グリーンエバー動物病院

〒389-0115 長野県北佐久郡軽井沢町追分1354−2
TEL: 0267−31−5236

Copyright (C) 2009 Greenever Animal Hospital. All Rights Reserved.